家庭用植物工場

PR|通販でオーダーできる本棚|

みなさんは、野菜を育てた経験があります?野菜は買うものだとおもっていませんか?
そんな中、家庭用植物工場で野菜を栽培し、その情報をつないで地域のエコシステムをつくる。そんなユニークな実験が、千葉大学がオーガナイザーで、複数の企業が集まり千葉県のとある街で行われています。
その実験とは、千葉県柏市・柏の葉キャンパスエリアで、このエリア内の約5世帯の住居内に「ネットワーク型家庭用植物工場」を設置し、家庭内で野菜を栽培するというものです。千葉大学がオーガナイザーで、複数の企業が集まりおこなっています。
栽培方法は、苗を植えるのと収穫以外は、3-4週間に一度溶液を追加するくらいでほとんど手間もかかりません。庫内のカメラや栽培データがネットワークにつながっていて、スマホやパソコンでリアルタイムの生育状況を確認することもできるという。味は、スーパーで買ってくるものとまってく遜色がない。それどころか採れたてをすぐ食べることができるのでみずみずしい野菜を食べることができます。育てる。鑑賞する、食べるに加えて、つながる楽しみもある「家庭用植物工場」、近い未来に普及するかもしれません。興味がある人は、家庭用植物工場でクリック。

コメントを残す