デザインコンペ

PR| 中小企業向けのコンサル情報

デザインの世界では、デザインコンペというものがあります。

毎年東京ミッドタウンが主催している「Tokyo Midtown Award 2013」というデザインコンペがありました。
すでに6回目を迎えるコンペだったようで、全く知らなかったのですが、実際にコンペの大賞をとった作品がいくつも商品化されていて、それらは結構見かけるものだったりして、このようなコンペから生まれてきた商品だというのは新鮮な驚きでした。

また、こういった本格的なデザインコンペにしては条件の自由度が高く、学生やプロの方だけでなく一般の方でも参加できるというのがすごいですね。誰でも自由な発想で応募でき、そのアイデアを実現する手助けをしてくれるというスタイルが素晴らしいですね。

デザインだけでなくアートコンペもやっていて、そちらはアーティストを目指す人達に発表の場を提供することにで夢を叶えるお手伝いをする形で同時に募集しているようです。アート派の人はこちらですね。

なかなか普段の仕事が忙しいとこういう制作時間を作るのが難しいのですが、仕事とは違う感覚で新しいアイデアを考える事になり、凝り固まった頭のリフレッシュにも、腕試しにもなるのでチャレンジしたいものです。

と思ったら、応募資格が39歳まででした。。

ここは若い人にぜひ頑張ってもらうことにしましょう。

コメントを残す