紙の保存方法

PR|エナジーテラピーのクチコミ店|英会話上達のコツ|シュエットお客様の声|歌もの楽曲|おすすめの経営コンサル会社|激安のスカルプネイルなら|壁面収納出来るおすすめの本棚|

紙の保存時に気を付ける事といえばなんでしょう。下記の選択肢から選んでください。

A.湿気 B.雨 C.光 D.保存場所

と、選択肢を出しましが、答えは、ABCD全部です。

Aの湿気、紙に水分が染み込んでしまい印刷機に通りにくくなる、また、紙詰まりの原因の一つとなります。

Bの雨、ご存じの通り紙は、雨に濡れたら使い物にならなくなるため。

Cの光は、あまり気にしない方もいると思いますが、「紙焼け」という現象が起こります。

紙焼けとは、お手元にある紙を見ていただくとわかると思いますが、一般的に紙の色は白色で、日光や、蛍光灯の光等にさらされ時間経過していくと変色します。変色した本がお手元にない場合は、中古本が売られているお店に行けば見ることができます。色の変化としては、若干茶色っぽくなっています。

Dの保存場所は、湿気が多いところ、雨にあたるような場所、直接光が当たる場所、崩れやすいところに保存しているなど様々な理由があります。

http://shfbfuf.info/

今回の話をまとめると、「紙(雑誌、漫画等)の保存は湿気が少なく、外気に触れない場所に保管しておくと、長持ちする」です。覚えておいて損はないと思いますよ。

皆さんは、コート紙と非コート紙の違いはご存知でしょうか。コート紙というのは、つやがあるもの、非コート紙はつやがないものと思っていただければいいと思います。通常使用されている紙は、非コート紙、例えば、雑誌マンガに使われている紙を思い出してください。触ってみるとわかりますが、つやもなく、ざらざら、またはさらさらといった触感を覚えるでしょう。

コート紙は主にカバーに使われているものですが、雑誌のカバーを思い浮かべてもらうとわかるかもしれません。カバーはつやがあって、こしがありますよねそれがコート紙と呼ばれるものです。

今回説明したものは、コート紙と非コート紙の違いでしたが、まとめますと「非コート紙は、本の中でいう本文に使用されている形が多く(一部例外があり)コート紙というのは、つやがあって、カバー等に使われている(例外もあります)」となります。

2種類の説明となりましたが、他にも紙の種類はありますので是非、インターネットで検索してみてください。

PR|デコの資格の通信講座|マットレスの激安通販サイト|ニキビのお悩み|SEOアクセスアップ相互リンク集|スマホアフィリエイト|サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世界|童話|pagerankexplore |英語留学ドットコム|

コメントを残す